邑楽郡大泉町,湯沢医院,内科,脳神経外科,皮フ科,泌尿器科,外科,脳ドック,物忘れ,認知症,土曜診療

0276-62-2209

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

検査のご案内

Inspection

頭痛について

急いで受診をお勧めする危ない頭痛

  • 今までに経験したことがない強い頭痛
  • 前触れなく突然おこる頭痛
  • 頻度と強さが増していく頭痛
  • 発熱や嘔吐、めまいをともなう頭痛
  • しびれや手足の脱力をともなう頭痛

上記の症状は、何かしらの疾患(くも膜下出血を含む脳卒中、脳動脈解離、脳腫瘍、髄膜炎など)に伴う頭痛(二次性頭痛と言います)である可能性が高く命に関わる場合もあります。その他、そうではない一次性頭痛があります。

一次性頭痛

脳や体に、頭痛の原因となる疾患がなく、何かの原因で、慢性的に繰り返し頭痛が起こるタイプです。日常生活ができない程の頭痛に悩んでいらっしゃる方は速やかな受診をお勧めいたします。診断にはあらかじめ2次性頭痛でないことをMRI等で確認する必要があります。

  1. 片頭痛
  2. 緊張型頭痛
  3. 群発頭痛
  4. その他

二次性頭痛

脳血管障害や脳腫瘍、感染症など、他の疾患が原因で生じる頭痛です。

  1. 外傷による頭痛
  2.  血管障害(くも膜下出血、脳出血、血管解離など)による頭痛
  3.  非血管性頭蓋内疾患(脳腫瘍など)による頭痛
  4.  物質またはその離脱による頭痛
  5.  感染症による頭痛
  6. 体温、自律神経、ホルモン、電解質の障害による頭痛
  7. 頭蓋骨、頚、眼、耳、鼻、副鼻腔、歯、口あるいは
    その他の顔面・頭蓋の構成組織の障害に起因する頭痛あるいは顔面痛
    (緑内障、急性副鼻腔炎、帯状疱疹を含みます)
  8. 精神疾患による頭痛

があります。

【その他】

三叉神経痛による顔面痛、大後頭神経痛に代表される頭部の神経痛があります。

手足のしびれ・脱力について

手足のしびれや脱力は比較的出現頻度が多い症状ですが、脳や脊髄、末梢神経に障害が発生している可能性を秘めています。この中には放置すると、命に関わる事がある場合、ダメージが回復困難な場合がありますので早めの受診をお勧めいたします。脳神経外科専門医が総合的に診察、診断、治療いたします。

受診をお勧めするしびれと脱力

【しびれ】
  • 朝起きると手がしびれるがそのうち改善する
  • 肘から小指周辺のしびれ
  • おしりから足先にかけてしびれる
  • 歩いていると足にしびれや脱力が生じ、そのうち歩けなくなってしまうので休む必要がある
  • 顔のしびれ、口唇のまわり、舌のしびれ、痛み(激痛)がある
  • 肩から上腕にかけてのしびれ
  • 足指の先端のしびれ
  • 足の裏だけのしびれ
【脱力】
  • 手の力が入らず、よく物を落としてしまう
  • 歩く時片方の足を引きずる
  • 歩くスピードが遅くなった
  • 歩きが小刻みになった
  • スリッパが脱げやすい
  • 床の敷居に足が引っかかる
  • 顔面が非対称になった、口角から水がこぼれやすい
  • しゃべりにくい、むせやすい